krissh

vegetable set @ krissh

川崎駅から1km弱、ラゾーナ川崎裏手の商店と住宅街が混ざりあった辺りに2015年8月開店したクリッシュ インディアンレストラン。
オリッサのジャガンナート神を祭るラトヤートラ、ベンガルやタミルのお祭りなども開催されていたりと、西葛西ほどではないがインド人が多く住んでいる川崎だけあり、こちらもご近所の日本人、インド人御用達の地域密着型インド料理店として開店したようです。

居酒屋横の階段を上るのかと思いきや狭い路地を進むとインド国旗と店の入口のこじんまりとした店内にはコックさん2人。
ディナーのベジセット、ノンベジセットともグランドメニューから好きなものが選べるというのが嬉しいが、ノンベジよりベジの価格設定が高いというのがユニーク。
パニールマッカニと今日のカレーでできるものを聞くとアルゴビがあるよということでベジセットを注文。

厨房からはスパイスと油の香り、しっかり作ってくれています。
ターリーの到着と同時にハッピーアワーのビールが250円と書かれていたのを思い出し条件反射的に頼んだら、ちょっとだけ1杯というのにちょうどいい小ぶりのジョッキ。
ターリーの内容は、ベジサモサ、大ぶり容器のサラダ、パパド、ナン。

ナンとあわせたかったパニールマッカニはカスリメティの香りはあまり前面にはでてこない甘みが強い味。
アルゴビは揚げたジャガイモとくたくた気味になったカリフラワーにコリアンダーのシードとリーフ、ジンジャーガーリックも効いた北インドおかずテイストの好きな味。
揚げたてサモサもジャガイモたっぷりで、グリーンチャトニがいい風味。
食後はチャイとマンゴーソルベっぽいアイスが出てきたが、チャイ早めに出しちゃったから温かいのに代えますかという気づかいが嬉しい。

ロティ、チャパティもメニューには書いてないが提供可能、ビリヤニも事前に頼んでおけば炊きたてのものが食べられたりもするようで、厨房はデリー、ムンバイ、ホールはグジャラーティという純インドな味が楽しめそうな雰囲気です。
コックさんの結婚式がインドであるということもあり、2016年1月いっぱいはお店はお休みだそうで、再開後のフレッシュなコックさんの料理も楽しみです。

krisshkrisshbeer @ krisshpaneer makhani, aloo gobi @ krisshsamosa @ krisshpaneer makhani @ krisshaloo gobi @ krisshchai, mango icecream @ krisshmenu @ krisshmenu @ krisshkrisshkrisshkrissh

vegetable set 1,590yen [any 2 veg curries(paneer makhani, aloo gobi), samosa, nan(or rice), salad, papad, 1 drink(chai), dessert(mango icecream)]
happy hour beer 250yen
(訪問:2015年12月)

クリッシュ -インディアン レストラン-
神奈川県川崎市幸区中幸町4-7-2

Krissh -indian restaurant-
4 Chome-7-2 Nakasaiwaicho, Saiwai-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa-ken, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம