san curry

south indian plate @ san curry

藤沢 鵠沼の住宅街にあるサン カリーにて週替りメニューの南インド ミールスにオプションでポーク ヴィンダルー。

ターメリックほうじ茶なるお茶が供された後、レモンの酸味の入ったトマト ラサム、キャベツのポリヤル、さといものモール コロンブ、パオ バジ、金柑のアチャールの乗ったプレートに、別添えのサーンバァル、ポークヴィンダルーが運ばれる。

サーンバァルにはインド仏領ポンディチェリ(おそらくタミルナードゥ州にある大きな敷地のポンディシェリと思われる)のヴァラガム / Vadagam(Vadouvan)というサンドライされた香味ミックスが使われているとのことで、具沢山野菜に青菜が入ったアーシーな香りとたまねぎ(エシャロット?)の残り香が強かった気がするのが特徴か。

存在が不思議だったバタートッピングありのパオ バジ(パン無しなのでバジ)は後で聞いてみると店主のお気に入りということで、強めの味のクートゥ的な位置と考えることにする。

ヴィンダルーは骨つきの豚が食べごたえありノンヴェジの満足感はありつつ、しっかりお酢的な酸味が効いていて重さはなし。
里いものモール コロンブは酸味はあまり感じられない厚めの仕上り。

オプションをつけたのでライスを大盛にしたら本域で大盛りだったりと、華やかな見た目だけではない骨太さも感じた。
週によっては東西インドさらにはネパール料理なども提供しているらしく、住宅街で営む趣味性の高さを感じる店舗(家?)。

san currymenu @ san currymenu @ san currymenu @ san curryturmeric tea @ san currysouth indian plate @ san currysouth indian plate @ san currysouth indian plate @ san currysouth indian plate @ san currypork vindaloo @ san currypork vindaloo @ san currymor kuzhambu @ san currycoffee @ san currysan curry

weekly set (south indian non veg meals) 1,500yen + extra rice 100yen
[pork vindaloo, pondicherry sambar, lemon rasam, sweet potato mor kuzhambu, pav bhaji(pav less), cabbage poriyal, kumquat pickle, papad, rice, turmeric tea]
coffee 300yen
(訪問:2019年3月)

サンカリー
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1-2-4

San Curry
1 Chome-2-4 Kugenumamatsugaoka, Fujisawa-shi, Kanagawa-ken, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம