kerala bhavan

sadhya @ kerala bhavan

練馬ケララバワン開店11周年記念、毎年恒例のフリーサッディヤ。
祝祭の楽しさ、菜食の豊かさ、店の愛され感が伝わってくるすばらしい1日。

バナナの葉を模した紙皿に一品ずつ供されるサッディヤ/ケララの祝祭時の伝統的菜食の内容は、
(写真左上から右に)レモンのアチャール/naranga pickle、生姜とタマリンドのアチャール/puli inji pickle、青マンゴーのパチャディ/manga pachadi、オクラといんげんのウッペリ/upperi、根菜類のアヴィヤル/avial、黒目豆と冬瓜のオーラン/olan、パパダム/papadam、日本米/choru、ユウガオと里芋のマサラカレー/masala curry、ヘビウリとナスのケララサンバル/sambar、ビリヤニ/biryani、タマネギきゅうりのカチュンバル(ライタ)/kachumbar。
これにマンゴーラッシー/mango lassi、デザートのパイナップルパヤサム/pineapple payasam。

sadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavan

まずは一口ずつ(と書いてますが食べてる時は夢中だったので写真見てかなり確認してます)、酸味苦味甘味が絶妙なこの店になくてはならない2つの味レモン(naranga)のアチャールとタマリンド(puli)生姜(inji)のアチャール。
苦味酸味と歯ごたえの青マンゴーのパチャディ。これがあったからレモンアチャールがいつもよりとろとろ目濃厚だったのかもしれない。
オクラといんげんが小さく切られた炒めものウッペリ(おそらくケララ北部でのトーレンの呼び方でウッペリといえばバナナチップスのところも)。
黄色さが印象的なココナッツヨーグルトでぶつ切り野菜を煮たアヴィヤルはドライタイプではなく汁気多め。
サッディヤのときはラッサムより重要度が高い気がするオーランは豆と冬瓜のココナッツスープでスパイスは多分不使用。
サンバルとマサラカレーはあわせで日本米にかけられたので識別不能、こうなると一つにすればいいのではという気もするがおそらく野菜の煮込み具合や豆の種類が違うので別々の料理にすることに意味があるのではとか勝手にいろいろ考える。サンバルだけおかわりしたのでその印象としてはマサラカレーはマサラ感強めで日本カレー的な風味ありで、サンバルは汁気多めのかなりあっさり目の味つけ。
ふわふわに炊けたビリヤニは単品だけでも食べたくなるレベル。ソイミート(と聞いたら豆が柔らかくなっただけと以前言われたことがあるので確信なし)やにんじんいんげんのアクセント、赤たまねぎときゅうりのカチュンバル(ライタ)でまた味が引きしまる。

ひと通りおかわりをもらいよそ見をしてる間に大量のライスを盛られてしまい、サンバルのヘビウリもしっかり堪能させてもらいました。
パイナップル、いも、タピオカと具沢山のしっかり甘いパヤサムを食べてごちそうさま。

お客さんの入れ替わりもスムースで比較的ゆっくりしていた時間帯だったのもあり、ほぼ徹夜で準備しているはずのスタッフ陣もいつも以上の陽気さと笑顔だったり、ご近所の家族連れの小さな子が普通にサッディヤを食べていたりする姿を見て、この場の良さを今年も実感。
おいしい店はたくさんあるけどオンリーワンな存在のケララバワンです。

sadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavanpineapple payasam @ kerala bhavankerala bhavansadhya @ kerala bhavansadhya @ kerala bhavan

[Amazon.co.jpアソシエイト]

11th anniversary free Sadhya [naranga pickle, puli inji chutney, papadam, manga pachadi, olan, avial, masala curry, sambar, upperi, choru, biryani, kachumbar, pineapple payasam, mango lassi]
(訪問:2015年8月)

南インド料理 ケララ バワン
東京都練馬区豊玉北5-31-4

Kerala Bhavan -south indian cuisine restaurant-
5 Chome-31-4 Toyotamakita, Nerima-ku, Tokyo, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம