スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    oxymoron

    curry @ oxymoron

    鎌倉オクシモロン、何年か前に天気が悪くかつ閉店間際に訪問したことがあり、そのときは店内も人まばらでゆったりした雰囲気で甘いものもおいしかった記憶があるがカレーもといカリーは未食。
    先日、開店7周年を記念した数種のカリーを盛りあわせたまかないカリーが期間・数量限定で出されていると知り、開店時間より少し前に店へ。

    すでにかなりの行列ができていて帰ろうかと思ったらそれは1階の別の店で、オクシモロンの列はまだまばら。これならばと開店まで少し待ちそのまま入店し、まかないカリーとアイスチャイを注文。店の奥にあるカウンター席から振り向くとすぐに店は満席になりさすがの人気店と実感。

    濃厚たっぷりのアイスチャイを飲みながら厨房を眺めていると、役割分担がきっちりしていてサーブ担当の方々も客席への目配りしっかりで繁盛店で鍛えぬかれた凛としたスクワッドという雰囲気。

    おまかせだけにタイミングによって種類や品数が異なったりもするというカリーは(写真左から時計回り)エスニックそぼろ、黒胡椒ときのこのチキン、キーマ、スリランカ風マトンの嬉しい4種。

    オクシロモンといえばのエスニックそぼろは、タイ・ベトナム的な香りのドライなそぼろ肉に香菜、大葉、ねぎ、三つ葉の風味、ナッツの食感が加わる爽やかな味わい。
    ごま、ねぎが散りばめられたしっとりしたひき肉は甘めの味つけで、ライスによく混ぜドライカレー風にするとどこか懐かしさも感じられるキーマ。
    柔らかいマトンととろりくらいまで煮こまれた大根にガーニッシュのピーマンのしゃっきり感のスリランカ風マトン。
    本日のカリーからの黒胡椒ときのこのチキンは、ピリッとした黒胡椒に甘みとスーと鼻を抜けるスパイス感に食べごたえのあるいろいろきのことチキン。単品だとどうなっているかわからないが具材多めのセミドライでスリランカマトンとの対比がちょうどいい。

    それぞれ個性的だけどいい意味であとに残らないスッキリした味。だけど時間がたつとまた食べたいかなと思わせるヒキのあるセクシーなカリーでした。
    今回は基本の辛さでの提供だったので、もう少し辛さを足したものだとさらに印象が変わる気がするので試してみたい。ただ単品だと飽きそうなので2種盛りがあれば嬉しいところ。

    chai @ oxymoronmenu @ oxymoroncurry @ oxymoroncurry @ oxymoroncurry @ oxymoroncurry @ oxymoroncurry @ oxymoronoxymoron

    [Amazon.co.jpアソシエイト]

    7th anniv spl omakase makanai curry [edhnic soboro, wafu keema, sri lankan style mutton, black pepper chicken and mushrooms, rice, pickle] + iced chai 1,500yen
    (訪問:2015年10月)

    オクシモロン コマチ -カリーと甘いものと雑貨-
    神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38

    Oxymoron komachi -curry and treats-
    1 Chome-5-38 Yukinoshita, Kamakura-shi, Kanagawa-ken, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。