スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    aaryas

    lunch buffet @ aarayas

    台東区駒形に2018年3月オープンのインド料理店アリャス。
    港区芝大門が本店でこちらは支店ということだがメニューは異なるようで北インド系のみ。

    ランチはビュッフェまたは単品メニューがあるが、はじめてなのでビュッフェを選択。

    日替わり4種類はバターチキン、チキン、ダル、チーズ(パニール)。
    この他スパゲティ、サラダ、ナーン、ライス(日本米)、飲み物がついて990円(980円?)。

    甘めで香りのいいバターチキン、辛めでしっかりした風味のチキン、チキンチキンとノンヴェジが重なってはいるが味わいは異なり、くどくなりそうな2種ながらそうしつこくない味つけがなかなかいい。
    おもしろかったのが酸味と甘みがあるダルで、どこかサンバル的な雰囲気もある。あとでコックさんに聞いてみるとムンバイスタイルのダルということで、なるほど西インドな味つけと納得。
    チーズカレーはしっかりパニールで野菜も入っていて料理名でいえばカダイパニールだろうか。
    味つけの方向性は御徒町ベジキッチンにも近いような気がする濃いめで満足感のある仕上げ。

    ナーンはふんわり甘さもある人気のありそうなタイプ。
    スパゲティはノンマサラでちょっと塩が強いハッカヌードルがイメージでは近いか。

    こういった料理を出すランチビュッフェに最近全く行っていないので他との比較はできないがカレー類の質は高く感じた。
    ただサイドがスパゲティのみではちょっと厳しい気もする。かといってチキンティッカだとチキンだらけになるしサモサ・パコラは需要があまりなさそう。
    そもそも立地がほとんど人通りのないビルとビルの間の路地という最大の弱点があり、以前同じ場所にあったYujinも営業しているのかしていないのかわからなかったりもした。

    味自体はいいのでうまく軌道に乗ってくれるといいがと他人事ながら心配もしたりするが、浅草に近い立地ということからインバウンド需要があるようで昼夜ともインド人団体に使われたりはしているらしい。
    むしろそちらで問題なく成り立つなら、ちょっと他では出さないような北インドの料理を出してもらったりもできるかもしれないという便乗気分にもなるお店。

    aaryasmenu @ aarayaslunch buffet @ aarayaslunch buffet @ aarayasnaan @ aarayaslunch buffet @ aarayasaaryaschai @ aarayas

    lunch buffet 990yen
    [4 curries(butter chicken, chicken curry, dal, paneer curry), spaghetti, salad, naan, rice, drink(lassi)]
    chai : service
    (訪問:2018年5月)

    アリャス -インド料理-
    東京都台東区駒形1-2-13

    Aaryas -authentic indian restaurant-
    1 Chome-2-13 Komagata, Taito-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。