スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    khushi bazar

    nepali khana @ khushi bazar

    蒲田駅前の雑居ビル6階にあるネパール料理+食材店クシバザル(アソカスパイス)。

    2017年の開店後、駅前にあるにもかかわらず日本人に数ヶ月間気づかれなかったという話もあるくらいわかりにくい存在だが、店内窓席からはステーションヴュー、京浜東北線蒲田駅ホームからは店のバナーとネパール国旗ががんばれば見えるという気づけばすぐわかる立地。

    前日のプルジャダイニングでの豚摂取過剰にて羊が摂取したくここなら間違いないと訪問。
    店内は夜早めの時間ながら盛り上がるネパール人グループがいたので窓側のカウンターへ。

    注文後10秒で出てきたマトン チョイラは、野菜が入るタイプも多いがこちらは90%マトン、9%ニンニク、1%生姜と表現したい潔い肉サラダ。
    スパイスマリネされた噛みごたえもありつつ食べやすい(苦手な人はまったくだめだろう)、羊肉を食べているという実感の湧くうまさ。

    もう一品はいつでも頼めるランチメニューからクシスペシャルセット = ネパリカナ。
    シンプルなレンティルのダルスープのうまさ、ドライなチキンのおかず感、骨つきマトンの旨みがしっかり入ったグレイヴィ、クミンたっぷりの芋、塩気もほどよい青菜炒め、箸休めになる生野菜、パラパラしっとりの食感もいい米産か豪産と思われる長粒米、青唐辛子のアチャール。
    青唐辛子のアチャール?ピックル?だけが市販風そのままでちょっとちょっとちょっと悲しいと伝えていたら、即席のミックス野菜のアチャールを出してくれた。
    これが生豆も入った好きな味のタイプで満足感の高かったターリがよりおいしくなった。

    飾られたネパール太鼓マーダルが宴会に活用されることもあったりしつつ、お一人様ネパリがネパリカナだけ食べていたり、女性2人組ネパリがノンアルコールでモモとおつまみを食べていたりと、ナングロガル蒲田店が肉バル営業と兼業化したりするなか、蒲田での定着感を一番感じる店。

    khushi bazarkhushi bazarkhushi bazarbeer @ khushi bazarmutton choila @ khushi bazarmutton choila @ khushi bazarnepali khana @ khushi bazardal soup, mutton curry @ khushi bazardal soup, chicken curry @ khushi bazarnepali khana @ khushi bazarmix achar @ khushi bazarcha @ khushi bazarmenu @ khushi bazarmenu @ khushi bazarmenu @ khushi bazarmenu @ khushi bazarmenu @ khushi bazarmenu @ khushi bazarkhushi bazarkhushi bazar

    mutton choila 650yen, kushi special set 1,000yen
    [dal, mutton curry, chicken curry, saag, alu zira, achar, salad, rice, lassi]
    beer 399yen, cha 320yen?
    (訪問:2018年5月)

    クシ バザル -ネパール料理-
    東京都大田区西蒲田7-29-5 ニューカマタビル 6F

    Khushi Bazar (asoka spice) -nepalese food-
    New Kamata Bldg. 6th fl., 7 Chome-29-5 Nishikamata, Ota-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。