スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    nawab

    pakhala, bhaja @ nawab nihonbashi

    ナワブ 日本橋店にて3本立て食事会。

    先日メインコックさん不在時に知ったサブのコックさんは東インドのオリッサ出身という話。
    店でもたまにパカラを食べることもあるということで無理言って予約をお願い。
    どう出てくるかわからないまま当日を迎えた。

    まずは白いお皿に青唐辛子とレモンが飾られた白い液状のもの。
    これがパカラ(pakhala)= 水ごはん。バングラデシュで言えばパンタ = 水、バート = ごはん。
    (おそらく)煮沸した水に米を浸し一晩おいて軽く発酵させたものを食べるのが一般的なようだが、この日のものはレモンとヨーグルトで酸味づけしていた気がする。

    水ごはん以外には具体的なリクエストをしていなかったので、最悪これだけで食べるかと思っていたら次々とおかずも出てきて一安心。
    bhajaと呼ばれる炒め・焼きもののおかずが3種、ほうれん草、ジャガイモ、茄子。
    どれも塩味がメインでスパイスはほんのり効いているくらいだが、これがなぜかわからないがどれもうまい。
    出汁的な要素を入れなくても酸味と塩気とリトルスパイスでインド料理は充分楽しめるということがよくわかる。というかヘタまで食べる茄子のグリルはやはりうまい。

    もう一品オリッサ料理からダルマ(dalma)。
    かつてあったオリッサ料理店ジャガンナートで食べて以来な気がする豆と野菜のシンプルな料理。
    煮崩れた豆、南瓜のまろやかさに少しのスパイス、オリッサ料理のなかでは辛さと酸味がないサーンバール的な位置づけだろうか。

    pakhala @ nawab nihonbashisaga bhaja @ nawab nihonbashialu bhaja @ nawab nihonbashibaigana bhaja @ nawab nihonbashipakhala @ nawab nihonbashipakhala, bhaja @ nawab nihonbashidalma @ nawab nihonbashiroti, dalma @ nawab nihonbashidalma @ nawab nihonbashi

    そしてもう一つ事前にお願いしていたソーバト(sohbat / sobat / painda)。
    これはパキスタンの主に北西部で食べられているという簡単に表現すればチャパティ(ロティ、ルマーリロティ)をはじめからグレイヴィに入れてしまった料理。
    ソーバトの別名ぺインダ(painda)はパシュトゥー語で、集まって食べるという意味だそうで、一つの鍋を皆でつつく姿がyoutubeなどでも見ることができる。

    ナムキーンカラヒに近い弱めのスパイス感のマサラの上からロティを切って乗せたような感じの味。
    味わいとしては新鮮ではないが食感は新鮮。

    現地のものは写真よりも汁気がたっぷりでロティもビタビタになっていたり、逆に汁気を吸ってフニャフニャのロティがほぼメインになっていたりとバリエーションも多いらしいが、今回はナワブ流に食べやすいようにアレンジされているのかもしれない。

    今回ソーバトを頼むことができたのは、お店と懇意のパキスタン人の方やペシャーワル・カイバル・パクトゥンクワ方面などに詳しいustadのおかげ。
    そしてもちろんお店とコックさんの技量あってのこそ。


    このあたりで一息つくためにもアルブカラ = ビリヤーニーにも入っていることが多い杏のチャトニ。
    最近はこの甘酸っぱさがやみつきになりつつある。

    sobhat @ nawab nihonbashisobhat @ nawab nihonbashialu bukhara @ nawab nihonbashi

    最後にもう少し食べますかと黒板のスペシャルメニューから、チキン カライ、カレラ ゴーシュト。

    つい羊肉の料理を頼んでしまうが最近は柔らかくたっぷりの質感の鶏肉料理も魅力的に感じ、そして骨つき部位の食べごたえは羊肉とはまた違ったうまさ。
    カライ(カダイ)はオーソドックスな味つけとも言えるが、ほぼグレイヴィ皆無のセミドライでこの肉量は他店でも見かけない気がする。

    もう一品は結局羊肉となるわけだが、カレラ = ゴーヤ、ゴーシュト = 赤肉 = マトン。
    少しだけ残ったゴーヤの苦味と羊肉の旨みがぶつかり合いマサラの香りが抜ける、この料理が普通に日本橋・人形町で食べられるのはやはりありがたい。

    デザートはキールにアルブカラのシロップをひとかけ。

    chicken karai @ nawab nihonbashichicken karai @ nawab nihonbashikarela gosht @ nawab nihonbashikarela gosht @ nawab nihonbashikheer @ nawab nihonbashichai @ nawab nihonbashimenu @ nawab nihonbashimenu @ nawab nihonbashi

    pakhala [saga bhaja, alu bhaja, baigana bhaja] ?yen, dalma with roti ?yen, sohbat ?yen, chicken kadai w)roti 1,296yen, karela gosht w)roti 1,296yen, alubukhara 540yen, kheer, chai 432yen
    (訪問:2018年4月)

    ナワブ 日本橋店 -インド・パキスタン料理-
    東京都中央区日本橋小網町18-9

    Nawab nihonbashi branch -pakistani and indian restaurant-
    18-9 Nihonbashikoamicho, Chuo-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。