スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    andhra kitchen

    lunch thali @ andhra kitchen

    御徒町アーンドラ キッチンでランチ。
    ランチピークを超えている時間でも満席の繁盛ぶりのさすがの人気店。

    この日のランチミールスの内容は、日替わり3種がほうれん草 マトン、ジンジャー チキン、アヴィヤル。定番料理がポリヤル、サンバル、ラサム、ピックル、チャパティ、ライス、パパド、ラッシー。

    他より少し大きめのカトリに入ったジンジャーチキン、すごく生姜というほどの印象はなかったが粘度もそれなりにあり名物であるモチモチとしたチャパティとの相性もいいサルナとパロタのような関係。

    ほうれん草のマトンは、いわゆるサーグマトン的なペーストとは異なる小さめに切られたほうれん草がマトンカレーと煮込まれたもので、マトンの香りも強め辛さも強めのストロングなマサラにほうれん草が脇役的な存在。

    日替わり唯一のヴェジとなるアヴィヤルは、酸味よりも塩が勝ったかなり強めの味つけで根菜のモールコロンブのよう。

    この店らしい香ばしさのある厚めな仕上がりのサーンバール、酸味に少し甘みを感じるちょっと濃いめのハッキリしたラサム。
    インゲンのポリヤルはこのターリの中でほっとできる存在で食感も豊か。
    アチャールはゴングラではなくこの日はレモン、辛味とすっとする酸味がミールス全体に爽やかさを追加。

    週に一度くらいランチにインド料理を食べると考えると、辛さやリッチ感もありクッキリした味わいの(ナンにも合いそうな)ごちそう南インド料理としての満足度の高さが際立つ気がする。
    逆に頻繁に食べていると日替わり3種がマトン+チキン+野菜でほぼ固定されていてヴェジのみの選択肢がないことや、全体の味が強すぎる気がして足が遠のきがちにはなってしまうという、この辺りは好みとバランスの問題。

    menu @ andhra kitchenlunch thali @ andhra kitchenavial, mutton palak, ginger chicken @ andhra kitchenporiyal, avial @ andhra kitchensambar, rasam @ andhra kitchenlunch thali @ andhra kitchenmutton palak, ginger chicken @ andhra kitchenporiyal, avial, sambar @ andhra kitchenlassi @ andhra kitchenlunch menu @ andhra kitchenlunch menu @ andhra kitchen

    lunch meals 1,280yen
    [spinach mutton, ginger chicken, avial, french beans poriyal, sambar*, rasam*, lemon pickle, chapati, papad, rice*, sweet lassi]
    * unlimited
    (訪問:2018年3月)

    南インド料理 アーンドラ キッチン
    東京都台東区上野3-20-2

    Andhra Kitchen -south indian * andhra style cuisine-
    3 Chome-20-2 Ueno, Taito-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。