nawab

mutton qorma, naan @ nawab

ナワブ 日本橋店にての夕食。
店内に入ると知人がたまたま食事中。トリ ゴーシュトを一口もらう。
トリ = ズッキーニ、ゴーシュト = 赤肉 = マトン。
しっかり煮崩されたズッキーニは瓜系の何かと言われてもわからない気がするが、瓜系はだいたい何でもあうので間違いない味。

注文したのはマトン コルマ、ブナ チキン、パンはロティとナーンで。
この日はパキスタン ナショナル デイということでオーナーとともにメインコックも大使館イベントに行かれていて不在だったが、大量に作られたと思われるコルマは骨つき羊肉がほろほろに近い柔らかい状態で部位もスペアリブ周辺っぽいところがあったりと食べごたえたっぷり。

鶏が食べたく頼んだもう一品のブナチキンは、かなりシンプルなスパイス使いでブナ = 炒め煮したという雰囲気の一皿全部鶏肉のボリューム。

この日のロティはナーンに引きずられたわけでもないだろうが、どこか白めで精製小麦風な面持ち。
日によってパンの味が違うのもおもしろい。

本日のデザートはパキスタンナショナルデイということでジャレービー = 揚げ小麦粉の甘露漬け。
色がめでたい。のだろうか。
もう1品はガジャル ハルワ = 人参の甘露煮。
中に入ったマライが人参の甘さの影響かスウィートポテトのような風味というか芋ようかんのように感じられて不思議だった。

チャーエにいつもは2本入れるスティックシュガーをさすがに1本にしたデザート2種の甘さ。
メインコックが不在でも味に遜色はなく逆に新しいことを知る機会を得ることができたパキスタンナショナルデイの夜。

mutton qorma @ nawabbhuna chicken @ nawabroti @ nawabnaan @ nawabjalebi @ nawabgajar ka halwa @ nawabchai @ nawabmenu @ nawabmenu @ nawabmenu @ nawab

mutton haleem 1.296yen, bhuna chicken 1,080yen, gajal ka halwa 315yen, jalebi 540yen, chai 432yen
(訪問:2018年3月)

ナワブ 日本橋店 -インド・パキスタン料理-
東京都中央区日本橋小網町18-9

Nawab nihonbashi branch -pakistani and indian restaurant-
18-9 Nihonbashikoamicho, Chuo-ku, Tokyo, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம