matangi

south indian plate @ matangi

カルパシ休業日を利用したインド家庭料理ユニット マタンギの間借り営業。
テーマはタミルナードゥ州のチェティナッド料理とのことでいただきに。

プレートの内容は、サンバル、ラサム、ベジ クルマ、パチャディ、スンダル、マシヤル、チキン ロースト、パコラ、ピックル、パパド、ライス。
個々の料理名がわからなくてもプレートの配置どおりに書かれたメニューを読めばだいたい分かるという親切さを感じつつ配膳を待つ。

揚げたての蕗のとうパコラを食べたいのを抑えつつまずはそれぞれの味見。
カリフラワー、ニンジン、インゲンなど野菜たくさんのクルマはナッティな風味とコクがありながらも重さはないのが家庭料理と謳うらしさだろうか。
サーンバールは大根の香りに菜の花が霞んでしまったような気もしたが、クルマとサーンバールのコンビネーションはしっかりあっていた。
ラサムはカレーリーフとコリンダ-リーフがかなりたくさん入りワカメのお吸い物のような趣、レモン使用という尖らない酸味がよかった。

柑橘を使ったパチャディは苦味酸味甘味が入った口休め的な味わい。
青菜のマシヤルはマッシュという意味どおりの厚みのある口触りとまろやかさに少し残った緑豆の食感がアクセント。
キウイフルーツとパイナップルのアチャールがウールガという表記になっていなかったのは、フルーツのさっぱりした風味を活かしたイメージか。

スターター的な位置取りをしていた香菜の香りもしっかりしたスパイス感もしっかりのチキンロースト、揚げられたことで苦味がやわらぎ旨みと衣のふっくら感が出た蕗のとうのパコラ、チャナダルとカラチャナにココナッツの食感の白黒スンダルを一口食べたところでここはビールと判断しハートランドを追加。

スターター類とビールをゆっくり食べてからの野菜のおかずとライスをメインに。
全体混ぜるというよりそれぞれ食べつつたまに自然に混ざるぐらいがバランスのいい品数。
クルマの風味の良さが印象に残った。

食後は甘めのサウスインディアンコーヒーを注文。ここにインドデザートがあると嬉しいなとも思ったがこのあたりは作り手の思想もあるか。
これからの活動も楽しみな一食でした。

menu @ matangisouth indian plate @ matangikurma, sambar @ matangisambar, rasam @ matangisundal, pickle @ matangimasiyal, chicken roast, pakoda @ matangisouth indian plate @ matangicoffee @ matangi

chettinad plate 2,000yen?
[sambar, rasam, veg kurma, masiyal, pachadi, sundal, pickle, chicken roast, fukinoto pakoda, papad, rice]
beer ?yen, coffee ?yen

マタンギ -インド家庭料理- 2018年3月 @ カルパシ

Matangi -மாதங்கி indian home food- 3.2018 @ Kalpasi, setagaya-ku, tokyo, japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம