スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    palava hut

    egushi, ogbono, okra soup @ palava hut

    千葉県市川市行徳にある西アフリカ料理の店パラバ ハット。
    シエラレオネ(スィエラ リオウン)出身の店主は不在だったが、調理担当はガーナ出身の女性の方、店名の由来は料理の名前でもあるパラバ = おしゃべり・議論、ハット = 小屋のように、マスジドもある外国人在住者が多い市川・行徳でアフリカ出身の方たち(主に西アフリカ?)の憩いの場にもなっている様子。

    ガーナの豆ごはんワチェはほぼ長粒米で作ったお赤飯という味で、シチューというよりセミドライな鯵のスパイス煮、黒胡椒・チリにオキアミ・煮干し的なうまみの入った佃煮シト、サラダとともに。

    お祝い時に食べられるというジョロフ ライスは言ってみれば西アフリカのビリヤニか。
    ピリ辛トマトご飯にあわせるのはティラピアとチキンの揚げもの。

    スープ系3種。
    メロン(瓜)の種エグシをすりつぶした山羊肉や牛肉やホルモンなどを入れたスープ。
    オクラに干し魚・山羊肉・牛肉などを入れたスープ。
    ブッシュマンゴーの種オボノをすりつぶした牛肉やホルモンなどを入れたスープ。

    説明はメニューを参考にしているが、英語で書かれた部分を見るとどれも山羊肉、牛皮、トライプ、牛肉、ほうれん草、魚出汁、乾燥魚、ザリガニとだいたい書いてあり、食べてみると確かに肉の味と煮干しの風味とよくわからない味。
    このよくわからないエグミもあるような舌が慣れていない風味がエグシやオボノということだろうか。食べているうちに癖になりそうな気がする。
    そしてオクラの粘り方がものすごく、エグシ、オボノともにある種由来の粘り気が気にならないレベル。

    同じそうな素材ながら味わいはそれぞれ異なり、牛のトライプ、(山羊っぽい気がした)羊の脚などのゼラチン質など色々な肉の部位のごった煮感がおもしろい。

    主食のヤムイモ粉のフフはもっちりねっとり感強く、これをオクラスープと手食するとなかなか手が大変なことに。横で食事していたアフリカの方を見るとうまくスープに浸して食べていてなるほど。
    キャッサバ粉のガリは発酵由来か穏やかな酸味がありフフほどの粘度はなし。
    どちらもインドのイドゥリ(のねっとりした蒸し上がりのもの)やネパールのディドを思わせる料理で、大変に満腹感を得られる喉ごしを楽しむ料理。

    食後、コーヒーも頼めるかと聞くとサービスでルイボスティーとココナッツアイスをいただく。
    モロヘイヤでも一緒に入っているのかと思ったオボノは種由来からのヌメリであることや、ちょうど今度からモロヘイヤの料理もメニューになるなど聞かせてもらう。
    そしてサイドメニューにあり気になっていたパームオイルは、ギーのようにライスにかけたりするわけではなく、人により好き嫌いがあるので控えめに使っているビーンズ&プランテンに足して食べるのだとか。
    このあたり西アフリカと言っても広いだけにそれぞれの好みがあるようでおもしろい。

    食べ慣れていない西アフリカ料理を一度に色々食べたためにそれぞれの料理の違いがわかりつつも混ざってしまったところも多いのでまた食べてみたい。

    palava hutwaakye @ palava hutjellof rice @ palava hutfried tilapia, fried chicken @ palava hutegushi soup @ palava hutokra soup @ palava hutogbono soup @ palava hutfufu @ palava hutgarri @ palava hutegushi soup @ palava hutokra soup @ palava hutfufu @ palava hutgarri @ palava hutpalava hutrooibos tea, coconut icecream @ palava hutpalava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutmenu @ palava hutpalava hut

    waakye 1,800yen [rice with beans, waakye stew(horse mackerel), shito, salad],
    jollof rice 1,500yen [jollof rice, tilapia, fried chicken, salad]
    egusi soup 1,500yen, okra stew 1,200yen, ogbono soup 1,500yen, fufu 500yen, gari 500yen
    (訪問:2018年3月)

    パラバ ハット -西アフリカ料理-
    千葉県市川市湊15-6

    Palava Hut -west african restaurant-
    15-6 Minato, Ichikawa-shi, Chiba-ken, Japan

    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。