スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    okasuba curry

    sri lankan plate @ okasuba curry

    お花茶屋駅そばの持ち帰り専門のスリランカ & ジャパニーズカレーのオカスバカレー。
    作り手もスリランカン & ジャパニーズのご夫婦で、家庭的であり家庭的であるからこそスリランカそのままの料理が食べられたりすることも。

    この日は通常営業ではなく店舗をはじめる前から開催されている料理教室(という和やかな料理会)。

    フレッシュなココナッツを削り取るところからスタートし、料理を次々と調理する工程を見学するデモンストレーション形式は、なるほどという部分やいかにも家庭料理的なアイデアなど見ていて飽きることがないが、多少飽きて開始前に作られたロールスをいただく。
    揚げられた外側はカリッと全体はモチモチの皮の食感にスリランカコロッケ的な餡がおやつには最適。

    そして出来上がった料理を参加者各自で盛りつけて食事開始。
    この日の料理は、チキンカレー、パリップ、きのこのソテー、ポルサンボル、カッタサンボル、フィッシュカトレット、ディープフライドエッグ、パパダム。

    手羽元や正肉がたっぷりのチキンカレーは、けっこうな量のチリが入っているはずだがそこまで辛くなく鶏のうまみしっかりで隠し味のワインで奥行きがあるような気もする。
    赤レンズ豆のパリップは、これぞベーシックという気がする主張しすぎることのない豆のうまみ。
    おもしろかったのがシメジやエリンギのきのこ類にカラーピーマンの入ったソテーでどこか中華的な味わい。ただし特に中華料理を意識しているわけでもなく普通に作られている料理ということで、どこかアメリカンチョプスイあたりと繋がっているのかもしれない。
    作るところを見ていただけにより辛さが体感できるカッタサンボル、フレッシュなココナッツと少量作ったものを持ってきていたドライのココナッツのポルサンボルはなるほど違いはこれかというのがよくわかった。

    食後には生姜のかなり効いたジンジャーティーとちょっとしたサプライズ的演出。
    気張りすぎないほんとに家でごはんをごちそうになっているような雰囲気が楽しい華麗会。

    okasuba currycooking class @ okasuba currycooking class @ okasuba curryrolls @ okasuba curryrolls @ okasuba currycooking class @ okasuba currycooking class @ okasuba currychicken curry @ okasuba curryparippu @ okasuba currymushroom fry @ okasuba curryfish cutlet @ okasuba currysri lankan food @ okasuba currysri lankan food @ okasuba currykatta sambol, pol sambol @ okasuba curryrice @ okasuba currysri lankan plate @ okasuba curryginger tea @ okasuba curry

    chicken curry, parippu, mushroom stir fry, katta sambol, pol sambol, fried egg, fish cutlet, rolls, ginger tea
    (2018年2月)
    ※店舗での開催ではありません

    オカスバカレー
    東京都葛飾区お花茶屋1-29-5

    okasuba curry -sri lankan and japanese curry-
    1 Chome-29-5 Ohanajaya, Katsuhika-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。