スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    kerala no kaze

    crab and scallop biryani @ kerala no kaze

    ケララの風Ⅱにて不定期でおこなわれている通常営業外行事。
    今回のテーマはビリヤニ。

    開始時間から遅れて店内に入るとマサラカジュー、チキンレバーフライ、キャベツポリヤル、南瓜クートゥのアミューズをすでに提供中で喉を潤しながらいただく。

    暫くしたのち大皿に入ったビリヤニが次々とテーブルへ。
    まずは通常営業の日曜日限定でも提供されているチキンビリヤニ。
    以前食べた時以上にグリーンカルダモンやクローブなどのホールスパイスの甘い芳香にたっぷりの骨つきチキンの旨みの染みこんだチニグラ米のプリッとした食感。

    そして今回マトンが手に入らなかったとのことでのビーフビリヤニ。
    これはこれでよりケーララぽいような気もする噛みごたえのあるビーフがチキンとはまた一味違う味わいを出していた。

    最後にクラブビリヤニとしてテーブルに提供された時には歓声も湧いた蟹と帆立のビリヤニ。
    肉のビリヤニとは異なりトッピングもカレーリーフ。スパイス使いもシーフード仕様か少し異なっていたような気もする。

    このビリヤニにはほぼなくてもいいくらいのライタも後半にかけると新鮮で、辛いマンゴーピックルもどちらかといえば甘さのあるビリヤニを食べている口に変化を与えてくれた。

    ケララ北部で食べたビリヤニを参考に作られているというビリヤニ、最近でこそケララ料理店でのカイマライスを使ったものが食べられる機会もあるが、完成形のポイントをおさえたこの味わいは他では食べられない気がする。

    カイマライスの入手困難性からの食感の似たチニグラの使用やビリヤニのケララへの伝播(仮説)など興味深い話もありつつ、大半はこちらの店主ならではの愉快かつ複雑なお話がメイン。
    このあたりはストリクトにビリヤニのことだけ考えて食べていたいような人には少し不向きかもしれない(黙って食べるだけでももちろん問題はないだろう)。

    食後にはいつものチャイもいただき閉会。

    chicken liver fry, cabbage poriyal, pumpkin kootu, masala cashew @ kerala no kazechicken biryani @ kerala no kazebeef biryani @ kerala no kazecrab and scallop biryani @ kerala no kazeraita @ kerala no kazechicken biryani @ kerala no kazebeef biryani @ kerala no kazecrab and scallop biryani @ kerala no kazemango pickle @ kerala no kazebiryani @ kerala no kazebiryani @ kerala no kazechai @ kerala no kazekerala no kaze

    somehow biriyani is getting popular lbl in japan night
    masala cashew, chicken liver fry, cabbage poriyal, pumpkin kootu, chicken biryani, beef biryani, crab and scallop biryani, raita, mango achar, chai
    (訪問:2018年1月)

    ケララの風 Ⅱ
    東京都大田区山王3-1-10

    Kerala no kaze Ⅱ
    3 Chome-1-10 Sanno Ota-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。