bhetghat

thakali khana @ bhetghat

数え切れないほどネパール料理店のできた新大久保界隈、そのなかで新しい店ながら評判のいいベットガット 。
タカリの女性コックが仕込む料理にお母さんの味を思い出すネパール人も多いのかもしれない。

この日はアジアハンター小林氏が関西からくる知人を招いての宴席。
お通し代わりのグンドゥルック、じゃがいも、キャベツの3種(じゃがいも+キャベツで2種か?)のアチャール。
タカリのテベ(thepe / テペ?)という野菜を細かく切ったアチャールは、大根に玉ねぎにんにくの辛みが絡みあい香菜の風味も豊か。

ネパールのインスタント麺ワイワイを使ったラーメンサラダのワイワイサデコ、素揚げしたカラチャナがふわふわした食感でおもしろいチャナフライ。
マトンの干し肉スクティは硬と柔で2種。
唐辛子と山椒のチョープで食べる揚げられたものが硬だがそこまで硬くなく、おそらく炒め仕上げの柔が普通に硬い不思議さ。
スクティは硬いほどいいと言われたりもするが、それはずっと噛んでお酒が飲めるコスパの良さ故とかなんとか。

もちもちの皮の手づくり感あふれるモモはモモコアチャールが酒呑みの店仕様か山椒だけでなくにんにくの効きも強め。
そしてアルコールを飲まない方らはチヤでモモというネパールスナックタイムのような雰囲気。

締めのダルバートはネパリ(タカリ)カナ。
ダル、マトン(またはチキン)、アチャール、サグで500円さらにおかわり可能という新大久保価格だが、きっちりした塩気とマトンの量もしっかりのお得感ありすぎの一皿。
ちなみに使われている米はアメリカ産の長粒米で、これがバスマティほど主張せず日本米ほどねっとりしないこの料理にあった食感で好印象(ただし特にこだわってこの米を使っているわけではないらしい)

レストランに併設された食材店に併設されたブティックのサリー・ドレス生地を熱心に見るネパール人女性などリトルカトマンドゥ新大久保らしい光景も見ることができるベットガット。
飾られている絵はどう見てもベトナムだったりも新大久保らしい一場面か。

bhetghatachar @ bhetghatbeer @ bhetghatradish thepe @ bhetghatwaiwai sadeko @ bhetghatchana fry @ bhetghatsukuti fry @ bhetghatsukuti @ bhetghatmomo @ bhetghatchiya @ bhetghatthakali khana @ bhetghatmutton curry @ bhetghatthakali khana @ bhetghatmenu @ bhetghatmenu @ bhetghatmenu @ bhetghatmenu @ bhetghatmenu @ bhetghatbhetghatbhetghatbhetghatbhetghat

gundruk achar + mix achar + cabbage achar, radish thepe, waiwai sadeko 300yen, chana fry 200yen, sukuti 600yen, momo 600yen, nepali khana A set 500yen [dal, mutton(or chicken), achar, sag, rice], beer 350yen, chiya 250yen
(訪問:2018年1月)

ベットガット -ネパール料理&酒場-
東京都新宿区百人町1-11-31

Bhetghat -nepali restaurant-
1 Chome-11-31 Hyakunincho, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம