スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    reka

    satvik ahar @ reka

    インド各地で祝われる収穫祭と太陽の日Makar Sankrantiの日に、葛西のレカでサトウィク アーハール。

    アーユルヴェーディックな概念のもと玉ねぎ・ニンニク・肉・魚・アルコール不使用の日曜日限定で提供されている西インドの家庭料理的ターリーで、この日はマカル サンクラーンティということで、ホワイトライスがマサレ バット、チャパティが普段と違うものだという。

    ヨギさんのいない中、店内テーブル席が全部埋まっているという忙し目な状況でも比較的早めにターリーは出てきた。

    ネパールのマーゲ サンクランティとの共通項なのかは不明だが全体的にイモ。しかもジャガイモ。
    ポテト・インゲン・グリンピースの入ったトマトベースのサブジは、チャナ(カラチャナか)が食感の残った歯ごたえでアクセント、ココナッツシュレッドのかかったたっぷりのポテトのサブジ、さらにココナッツ風味の少し甘い炊き込みご飯マサレバットの中にもポテト。
    この他は酸味より甘さの強いカディ、目立つほど香りはないがカレーリーフも入ったダールという西インドなイメージに合う基本の2品。

    プーラン ポリと同じなのか味つけもこの日の特別なのかはよくわからなかったゴマの入ったチャパティ(til gur poli)はけっこうな甘さで食感はクリスピー、セットでついてくるチャース(スパイス入りバターミルク)のすっきりした酸味と塩気がよくあう。

    デザートは雷おこしのような食感のゴマのバルフィ(til gur ki barfi)で、ゴマを食べることもマハーラーシュトラのサンクラーンティでは大事な様だ。

    帰り際に気になっていた外のピックルのことを聞いてみるとレモンとのことで次に来た時は味見をさせてもらおう。

    rekamenu @ rekasatvik ahar @ rekakadhi, daal @ rekafrench beans potato peas sabji, potato sabji @ rekatil ki barfi, til gur poli @ rekatil gur poli @ rekachaas @ rekareka

    sunday special satvik ahar 1,600yen
    [kadhi, daal, 2 sabji(french beans potato peas sabji, potato roast), salad, chapati(til gur poli), papad, rice(masala bhat), sweet(til gur ki barfi), chaas]
    (訪問:2018年1月)

    カフェと印度家庭料理 レカ 葛西本店
    東京都江戸川区東葛西6-23-11

    Reka -cafe and indian home food-
    6 Chome-23-11 Higashikasai, Edogawa-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。