yeung kee

cheung fan @ yeung kee

西大島に開店した広州料理の腸粉とお粥をメインとした陽記(ようき? ヤンキー?)。
清潔感のある店内にはパブロックが流れあちらこちらに増殖中という猫を見つけるのも楽しい。

腸粉2種と前菜、サラダ、デザートのつく鴛鴦(おしどり)セット、葱叉焼、瓶ビールを注文。
八角などの甘い香りがいい叉焼と瓶ビールについてきた土豆丝を飲み食いしつつ、腸粉を作るところを見学。
溶いた米粉を薄くひくと専用の蒸し器であっというまに出来上がるモチモチの腸粉、なかに包む具材はお好みで数種。

この日選んだのは叉焼と黒板メニューに書かれていた干貝柱と豆苗の2種。頼んでから叉焼が被っていたと思ったが腸粉の具は主役ではなく食感と香り担当に近いものなので特に気にならず。
甘さの強いタレに黒酢を足してもまた風味が変わり楽しい。

亀戸~西大島と中国人住人の多い地域にあえての出店かと思っていたが、そういうわけでもないそうで結果的に故郷の味を懐かしむ中国人客も来ているという。
もう少し腸粉が食べたく牛腩(広東風牛バラ煮込)を追加で。

これは煮込まれている分柔らかい牛バラに八角などの香りがより強く感じられかなり好みの味。
モチモチになるべくして作られている米粉液の話などを伺いつつ満足。

yeung keemenu @ yeung keebeer, tudousi @ yeung keecharsiu @ yeung keecheung fan @ yeung keecheung fan @ yeung keecheung fan @ yeung keecheung fan @ yeung keeyeung kee

cheung fan oshidori set 850yen
[cheung fan x2(cha siu / grileed pork , dried scallop and pea sprouts), amuse(boiled chicken), salad, mango pudding]
cheung fan(niu nan / braised beef) 350yen, cha siu 350yen, beer 500yen
(訪問:2017年10月)

陽記 -腸粉・粥専門店-
東京都江東区大島2-38-16

Yeung Kee -cheung fan and zhou-
2 Chome-38-16 Ojima, Koto-ku, Tokyo, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம