ms.dilani's

sri lankan curry plate @ dilani's curry

ランチ営業のみにも関わらず、とても評判のよかった門前仲町のディラーニさんのスリランカカレー。
帰国されるなどの事情で閉店してしまい未訪問のままだったが、来日にあわせ数日間だけディナー提供するとのことで、しかもお米はスリランカのサンバライスと知人から知らされ、物見高い人間としては思わず食べにいってきました。

この日は自身がスーパーバイザー的立場で関わる蒲田ディデアンでの開催。早い時間は混み合っていたようだが、遅めの時間だったこともあり、お客さんはあとからきた1組のみ。

この日の料理は(写真左上から時計回りで)ビーツのキラタ、ナスのモージュ、パリップ、ミートボールのカレー、長ネギのテルダーラ。

まずは食べてみたかったパリップを一口。思っていたよりあっさりで、豆の食感残りつつもぽってり。
スリランカで作ってきたというナスのモージュは、言われないとナスとわからなかったであろう小さめでカリカリ。そこにレーズンや干小魚、青唐辛子が混ざり、ピックル(アチャール)的なイメージだったモージュよりも甘辛佃煮的。
ビーツのキラタはビーツの土っぽさもそのままのシンプルな風味。
長ネギのテルダーラも素材そのものにシンプルなスパイス使いをした炒めもの。
ミートボールのカレーは、むにゅっと柔らかい食感のミートボールにおだやかな辛みのコクありグレイビー。

人気があったので辛さやスパイス使いが派手めでパキッとしたものを想像していたが、食べてみると(辛さは控えめだったのかもしれないが)おだやかなママの味という印象で、それゆえに常食したくなるファンが多いのかと納得。

ポロポロ食感のサンバライスが思ったよりも多かったので、パリップを少し足してもらうときに、やっぱり手で食べたほうがおいしい?と聞いてみると、料理の感覚が指からも伝わるからおすすめ的なことを言ってくれたので安心して手食。
たしかにサンバライスやモージュの素材それぞれの触感が感じられおもしろくおいしい。

食感の残った長ネギが苦手なので満喫とまではいかなかったが、気持ちの入った料理を空港直行で準備されたということでおつかれさまでした。またの機会があれば食べたいごはんです。

beetroot kirata, eggplant moju @ dilani's curryspriingonion thel dala, meatball curry @ dilani's currysri lankan curry plate @ dilani's currysri lankan curry plate @ dilani's currytea @ dilani's currydilani's currydilani's curry

sri lankan curry plate 1,000yen
[meatball curry, parippu, springonion thel dala, eggplant moju, beetroot kirata, samba rice, tea]
(訪問:2015年10月)

ディラーニさんのスリランカカレー

Dilani-san no sri lanka curry

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம