spice tree

lunch curry plate @ spice tree

華やかで色鮮やかなプレートが印象的な逗子にあるスパイスツリー。
開店前から行列必至ということもありなかなか行かずにいたが、平日LO間際ならとのぞいてみたら空席ありだったのでカウンター席に座る。

ほぼ週替りで提供されるメニュー。この日はバターチキン(マイルド)、樹豆と野菜(マイルド)、マトンひき肉とネパール山椒(中辛)、えぼ鯛と香菜(中辛)、ポークと赤唐辛子(辛口 黒酢)。
追加トッピング2種はナスのマスタードピクルス、空芯菜と青梗菜のマスタードオイル炒め。

そこからポークと赤唐辛子、ナスのピクルスを注文すると、キッチンの中からマトンキーマがちょっとだけ残ってるのでどうですかという一言があり、ついついそれもお願い。

長粒米の上にコリアンダーリーフが散りばめられたにんじん、じゃがいものポリヤルというよりコサンマリっぽい、言ってみればサラダの彩りのよさ。
これを見るとスパイスツリーさかのぼればマックンカレー食べにきたなと感じる景色。

まずは肉々しいドライなキーマを食べてみると、マトンらしい風味とティムールの風味が心地よく鼻をぬける。ここにぽってりめのダルスープを合わせれば一つできあがりといったマッチ感を感じる。

メインのポークと赤唐辛子の黒酢風味は、大きな豚肉がけっこう入っていてかなりの食べごたえ。辛さはそこまで感じなかったが黒酢の効きがはっきりわかる強い味。
このあたり以前食べたポークヴィンダルーはバランスのいい作りだったので、週替りで味を変化させている物語性をわかっているかいないかで感じ方は違うのかもしれない。

ほぼ閉店という時間だったこともあり売り切れた魚カレーのグレイヴィーだけ余ったからと少し味見させてもらう。
これは売り切れるわという香菜の爽快さに魚の旨み出まくりの味。

肉・魚メインの料理はドンとこれで楽しんでくださいという気持ちがとても伝わる。もののそれに応える元気がなかったのかこの日は途中で少し食べ疲れしてしまった。
次はおいしそうなデザートまで辿り着けるよう気力を貯めていきたい。

pork vindaloo @ spice treespice treemutton keema @ spice treepork vindaloo @ spice treelunch curry plate @ spice treespice treespice treespice tree

pork chili vinegar curry lunch plate 1,350yen [pork chili vinegar curry, lentil curry, pickle, papad, basmati rice]
+ brinjal mastard pickle 100yen + mutton keema 100yen(super small portion)
(訪問:2015年9月)

スパイス ツリー
神奈川県逗子市逗子7-6-25

Spice Tree
7 Chome-6-25 Zushi, Zushi-shi, Kanagawa-ken, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம