south park

puttu, veg kurma @ south park

浅草の繁華なところからは少し離れた場所に2016年9月、突如あらわれたケララの味 サウスパーク。
この日は夜に。

スターターのオムレツはマサラ皆無でとても普通。
プットゥとイディヤッパムにはカダラ(黒チャナ豆)ではなくメニューにはなかったがクルマを注文。
ホロホロかつムッチリのプットゥ、しっかりした食感のイディヤッパムはどちらも食べごたえありで、厚めに仕上がりつつ軽めの味わいのクルマとの相性もよし。

せっかくここにきたのならのケララ ビーフ ミールスは、香りがクロービー・シナモニーで欧風な雰囲気も感じるたっぷりの辛いビーフ、厚めのサンバル、さっぱりしたラサム、シンプルなトーレンにバスマティではない長粒米も好印象。
ただし近々バスマティにするという話でそこは少し残念。
先日食べ損なったレモンのピックルは、ケララバワンのナランガ アチャールとはまた違ったレモンの苦味に酸味の効いた爽やかな味つけ。

しばらくするとオーナーさんたちもあらわれ、マンゴープディングをサービスでいただく。
この店はマラヤーラム映画を自主上映しているCelluloid Japanのメンバーが共同オーナー。
飲食業が本業ではないので色々試行錯誤しているところはあるようだが、ケララの食・文化を拡めていきたいという気持ちの強さが感じられる他にはないコンセプトの店なので、いい方向に進んで欲しい。

日本語化したランチメニューを見せてもらったら、やはりイディヤッパム、アッパムなどのオプションは消えていたり、わかりやすいようなわかりにくいような説明(南インド料理をあまり知らない人にはどう説明してもわかりにくいのは仕方がないが)にも試行錯誤っぷりと異国感を感じたり。

south parkomlette @ south parkomlette @ south parkputtu, veg kurma @ south parkputtu, veg kurma @ south parkidiyappam @ south parkbeef meals @ south parkidiyappam @ south parklemon picke @ south parkmango pudding @ south parkchai @ south parkmenu @ south parkmenu @ south park

omlette 490yen, puttu 590yen, idiyappam 490yen/3, veg kurma 990yen, kerala beef meals 1,990yen [beef curry, sambar, rasam, thoran, salad, papadam, salad], kerala chaya 300yen
(訪問:2016年9月)

サウス パーク -南インドケララ州の家庭料理-
東京都台東区浅草6-11-4

South Park -taste of kerala-
6 Chome-11-4 Asakusa, Taito-ku, Tokyo, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம