スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    chaska

    lahore nashta @ chaska

    千葉県のノダスタン aka 野田市からもう少し先の茨城県のバンドゥスタン aka 坂東市にあるパキスタン / パンジャーブ料理のチャスカ。
    広大な敷地というか本業であろう中古車・リサイクルセンター内の一角にあるレストラン。

    この日は毎日曜に提供されているラホーリ ナシュタ / lahori nashta を食べに東武野田線愛宕駅から1時間に1本のバスに20分ほど乗ってバンドゥスタン入り。

    lahori nashta = ラホールの朝食の意だが、そこはパキスタンだけに肉と油でしっかり。
    ビュッフェテーブルには、ビーフとマトンのパヤ(脚・踵)2種、チキンとチャナ豆のムルグ チャナ、マトン プラオ、マンゴー ピックル、デザートのハルワ。
    ドリンクテーブルには、ソルティとスウィートのラッシー2種。

    席につくとすぐに揚げたてのプーリーが供される。
    これはパキスタンの朝食といえばのプーリーとハルワを一緒に食べるプーリーハルワをまずは食べるということだろうか(一緒には食べず)。

    牛と羊のパヤはそこまで味に違いはないが、それぞれの肉の風味と油のノリの違いあり。牛のほうがより厚めの味わい。
    骨つき鶏の出汁のよく出たスープにほっくり煮えたチャナ豆が、パヤの後だとサッパリとすら感じるムルグチャナ。
    ビリヤニよりもレス スパイスなプラオはシンプルゆえのマトンの旨みとバスマティの食感でおいしさが直接的に感じられ大変おいしい。
    ゴマたっぷりのナーンは甘さもなく食事のじゃまにならないパンとしての食べごたえあり。

    こってり目の料理に飲み放題のソルティラッシーが嬉しく、食後のチャーエまで満足感の高さはかなりあり。

    ディルディル郷土愛溢れるオーナーにもお会いすることができ、店舗入口の休憩ラウンジ?にあるパキスタン直輸入のチャールパーイー / charpai = char + paya = four footed のベッドで食後は一息。

    chaskachaskabeef paya @ chaskamutton paya @ chaskamurgh chana @ chaskamutton pulao @ chaskamango pickle @ chaskahalwa @ chaskalassi @ chaskapuri @ chaskanaan @ chaskamurgh chana, mutton pulao @ chaskabeef paya @ chaskamutton paya @ chaskachaskahalwa @ chaskachai, halwa @ chaskachaskachaskachaskachaska

    lahori nashta 1,500yen
    [mutton paya, beef paya, murgh chana, mutton pulao, puri, naan, halwa, sweet and salti lassi, chai]
    (訪問:2016年9月)

    チャスカ レストラン
    茨城県坂東市矢作3071-1

    Chaska Restaurant -the part of punjab village-
    3071-1 Yahagi, Bando-shi, Ibaraki-ken, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。