スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    kalash

    dal bhat @ kalash

    2015年6月藤沢に新規開店したネパール料理店カラス。
    真摯さと柔軟さを併せ持つとても好感の持てるお店でした。

    注文したのはランチBセット(ダルカレー、野菜カレー、ライスまたはロティ、チャトニ、アチャル、サラダ、ドリンク)。
    おそらく真鍮製の伝統的なターリにのせられやってきた内容はダルバットタルカリな、ダルスープ、野菜のタルカリ、トマト(ゴルベラ)アチャール、ミックスアチャール。※サラダ無しでアチャール多めでお願いしています。

    食べはじめると店員さんが辛味ペーストと2枚の紙をテーブルに。
    おそらくほとんどがナンとカレー的なものを想像しているお客さん向けのネパールの料理の食べ方マニュアルで、これはとてもいいアイデア。

    黒豆メインの少しとろみのあるダルスープ、しみじみ[沁み滋味]おいしいジャガイモやキノコのタルカリ、漬かり浅めできゅうり、にんじん、だいこんの食感がかなり残ったアチャール、風味がアクセントとして効果的なチャトニ、にんにく・塩ばっちりのネパール料理のイメージとはまた違った上品で上質な味わい。なのでテーブルにある塩を少し足しました。
    と、ここまでで好事家ならわかるかもしれないが渋谷ネパリコから派生したお店とのこと(食べログ口コミ情報)で、料理の見た目も味わいも確かに似ている。

    店舗チラシを持って入ったのでサービスのマンゴラッシーをいただきながらもう1枚の紙を見てみると、ロティについての説明。ナンもパラタもチャパティもどれもナンだと思われがちなのでこういう解説は大事。
    ここでダル、ライスだけではなくロティもおかわりできるということなので1枚お願いする。
    小さめのナンですと言われたらわからないくらいふっくらやわらかめのタンドーリロティは美味。ただしこのセットではあまり活躍の場はないかもしれないと思っていたら、最初はタワ(鉄板)ロティで出してみたが堅めだというお客さんからの反応でタンドールで焼くようになったとのこと。そもそもロティは最初は一部セットのみだったがパンが欲しいという要望でメニューに加えたとのことでいろいろ試しているところのよう。
    ただここでタンドールがあるんだからナンを出すのではなくロティでとどまる心意気のようなものを感じさせてくれるのが嬉しい。

    夜はダルバットタルカリ的セットにサグ(青菜炒め)もついたり、おつまみ系ネパール料理も充実していたりと貴重な純ネパール料理店として(あまり人通りの多い場所ではないということもあり)積極的に応援していきたい。そして藤沢のネパール料理リテラシーが上がることを期待します。

    菜食のセットということと油もおそらく控えめなのでけっこう食べたのに食後もすっきり。とてもいいランチでした。

    kalashdal bhat @ kalashdal bhat @ kalashdal bhat @ kalashdal bhat @ kalashmango lassi @ kalashroti @ kalashchai @ kalashkalashkalashkalashkalash

    lunch b-set 850yen [dal, veg tarkari, mix achar, tomato chutney, salad, rice(or roti), drink]
    (訪問:2015年8月)

    カラス -本格ネパール料理&バー-
    神奈川県藤沢市朝日町14-1

    Kalash -nepali restaurant & bar-
    14-1 Asahicho, Fujisawa-shi, Kanagawa-ken, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。