kameido city

tofuno, youtian at ippinkan @ kameido

以前から大陸系の人が元気な印象だった亀戸がますます元気らしいと散策。
亀戸駅北口からの中央通り商店街のかたまったエリアに千葉商店、新アジア物産、興安食品など食材店数軒、飲食店も数軒。
わざわざここに来るというより総武線・錦糸町のベッドタウンという日常的な雰囲気で、ますます元気というより前からこんな感じだったような気がした。

せっかくだからと油条と豆腐脳がメインの一品軒に。
絹ごしっぽい豆腐と溶き卵の中華スープに香菜のトッピング、これにお好みでと自家製の辣油。
揚げたてのさくっとした油条は2本。あとは適当にとっていい搾菜。
けっこう満足感のある量と店内の現地感。どこ地方の味つけか聞いたら、もう日本に長く居すぎるので私味という豆腐脳はまさにそんな味わいだった。

一品軒の斜向かいにはチャイナ点心工房
その名の通り豊富な点心メニューと鹵味や麻辣湯などに、ちょうど時期で売っていた自家製粽はプレーンから棗・豆・肉入りなど5種類。
数種持ち帰って食べたがシンプルな味つけにもちもちの食感の季節物の味わい。

kameido @ kameidoshin asia bussan @ kameidofood store @ kameidofood store @ kameidoippinkan @ kameidoippinkan @ kameidoippinkan @ kameidotofuno, youtian at ippinkan @ kameidotofuno at ippinkan @ kameidoyoutian at ippinkan @ kameidorayu at ippinkan @ kameidotofuno at ippinkan @ kameidotenshin kobo @ kameidotenshin kobo @ kameidotenshin kobo @ kameidotenshin kobo @ kameidotenshin kobo @ kameido

狭い路地にある亀戸横丁。フードコートならぬ飲み屋コート、なかにはフィリピン料理の勇やメニュー写真に既視感のある人も多そうなネパール料理のヒマラヤンダイニングも。

羊メインの居酒屋やチキンライス専門店なども開店し住みやすく飲みやすい街になっていく亀戸。
南アジア料理はちょっと寂しいがそこは西大島まで行けば解決か。

kameido yokocho @ kameidoyu @ kameidohimalayan dining @ kameidohimalayan dining @ kameido

その他の料理店は、食べログ カテゴリー:中華料理アジア・エスニックカレーを。

※記事中の食材店リンク先は各店舗ウェブサイト、料理店リンク先は特記ない限り食べログ
※散策は2016年6月

コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம