スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    baticrom foods

    bangladeshi delight @ baticrom

    赤羽にあるフレッシュベンガルスウィーツ&ハラル食材店ベティクロムの2階にて、予約営業のみのバングラデシュ・ハラルの上質なおもてなし料理の数々と甘いものをいただく。

    手作り豆菓子煎餅チャナチュールが供され、一品目はあっさりめながら肉塊も残るマトンのハリーム。香菜、レモン、生姜、ガラムマサラ的なパウダースパイスをお好みで追加。

    魚のマッシュのボッタ(ベイガン バルタのバルタがベンガルではボルタ/ボッタになるのはバスマティ→バスモティと同じか)はプレーンとミントの2種でとろっとしたツナハンバーグ風。
    茄子のスパイス焼きとプラオ。ほのかに甘みがあり何もつけずとも食べ進められるまさにオコワ的なチニグラのおいしさ。

    メインは大ぶりのナマズ(パンガーシュ)。脂ものりどこか鰻を感じる川魚な味わいで、パンダンリーフが香りづけに使われていたりと東南アジアとの距離の近さを感じる一品。
    もう一つのメインは骨つきマトンのストロング王道な味わいのマサラ。これはさすがムスリムフードという味つけでオイルの旨みがたっぷり。

    デザートはほろっと感あるサンデーシュ、酸味強めで甘さをそこまで感じさせないちょっとフローズンなミスティ ドイと上品な味つけ。
    カラジャムーンやホリックスで風味付けのオリジナルスウィーツなど持ち帰りたい甘いものも数多く、ディナー通常営業していたらいろいろ食べに来たいところだが、料理は要予約・多人数仕様なのが少し残念。

    baticrombaticrombengali sweets @ baticromchanachur @ baticromhaleem @ baticromparatha @ baticromhaleem, paratha @ baticromchanachur @ baticromfish bhorta @ baticrombrinjal fry @ baticromcatfish curry @ baticromcatfish curry @ baticromcatfish curry @ baticrommutton curry @ baticrompulao @ baticrombangladeshi delight @ baticromsandesh @ baticrommishti doi @ baticrom

    dinner party menu [chanachur, haleem, paratha, fish bhorta, catfish curry, mutton curry, pulao, brinjal fry, green salad, sandesh, mithti doi] about 3,000yen
    (訪問:2016年5月)

    ベティクロム フーズ
    東京都北区赤羽南2-16-11

    Baticrom Sweet Shop & Halal Reataurant
    2 Chome-16-11 Akabaneminami, Kita-ku, Tokyo-to, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。