スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    sansar

    dal baht tarkari @ sansar

    いつでも優秀なごはんとおかずの小岩サンサール。

    この日は、大根チキン人参のタルカリ、ゴルベラコアチャール、グンドゥリュックに複数の豆のスープ、マスール豆のスープ、サフランダヒ。

    これに先に来ていた知人のダルバットタルカリのおかずの一つ、炒り豆腐的なたまごとキーマのタルカリを少しもらう。
    この1日の間にもおかずの種類が変わったりするところがまた魅力的。

    さらにスタッフ用の魚+煮干し的なもの+ブロッコリーのおかずをおすそ分け。
    魚(鯵?)と煮干しの佃煮風にブロッコリーがからんだ甘さもあり香菜も香る不思議でおいしい和風なタルカリ。

    うまみのでたグンドゥリュックに豆の食感の滋味深さが印象に残ったバランスのいい夜ご飯。

    dal, tarkari, achar @ sansargundruk soup @ sansargundruk soup @ sansarfish tarkari @ sansarfish tarkari @ sansardal baht tarkari @ sansarchai @ sansarsansar

    この少し前は知人のユモリを食べる日の会に参加。
    少し遅れたので、各種タルカリとアチャール、チョイラを取り分けてもらったものをいただく。
    ホワイトアスパラとじゃがいものタルカリがシンプルイズおいしいというまさにサンサールらしさのあるおいしさ。
    むらさきブロッコリーのパコラやマトンフライなどお酒によく合う料理が続く。

    予想外にでてきたチャナアルーとプーリーはしっかりと辛さもあるスパイシーな仕上がりで、プーリーも粉の風味あるもの。
    つづく蕎麦粉を使ったロティは生地厚めで外側はクリスプな食感に中はもそっとふわっと。未発酵といわれたがレーズンのようなほのかな酸味がドイツパン的なおいしさ。
    チャナアルーと合わせるとおいしいと言われたが、これだけでチヤと合わせて食べたくなるような風味のよさ。

    黒糖ごま餡たっぷりのユモリもいただきめでたい宴席が楽しめるのも家族のようなつきあいをしている常連知人のおかげです。

    tarkari, achar @ sansarchana masala, puri @ sansarragi roti @ sansaryomori @ sansar

    dal baht tarkari [dal, chicken potato carrot tarkari, gundruk dal, golvedakoachar, rice, sweet dahi]
    yomari, aloo chana, puri, roti, buckwheat roti, tarkari, etc
    (訪問:2016年5月)

    サンサール -インド・ネパール料理-
    東京都江戸川区南小岩5-18-16

    Sansar -nepali & indian dishes-
    5 Chome-18-16 Minamikoiwa, Edogawa-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。