スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    amudhasurabhi

    lunch buffet @ amudhasurabhi

    西葛西アムダスラビーの安定した南インド タミル料理ランチビュッフェ。

    この日のメニューは、胡麻鯖のミーン コランブ、お麩(ソヤチャンクス?)と春野菜のカイカリ マンディ、ナスとにんじんのサンバル、キャベツのポリヤル、トマトのラサム、ほうれん草のキーライ ワダ、ポロッタ、日本米、生野菜、デザートはパイナップルのケサリ。

    ランチ定番のコランブは酸味のなかに鯖のうまみの入ったスパイスリッチなメインを張る味。
    その脇にいるマンディは米のとぎ汁を使ったそうとう地味なイメージだが、こちらはソヤチャンクやいろいろ春野菜も入りそこまで薄くもなくやや厚くクルマ風。

    その他、細切りキャベツのしんなりポリヤル、薄めながら土の風味あるサンバル、トマトの酸味旨みが入りつつもさっぱりした仕上がりのラサムは日本米で食べても違和感なし。

    ざく切りほうれん草の練りこまれたワダ、外側のオイル控えめでかなりフワフワした食感の何もつけなくてもおいしいポロタと安定感のある品々。逆に言えばちょっと定番化し過ぎてるかなという印象(というような話を常連の方とも話したらその後のメニューはけっこうな変化を加えてきているよう)。

    パイナップルの甘味とほのかな酸味のあるケサリ バスがかなり好みの味でランチの満足感はかなり上昇。

    ナーンも無く、けっこうなスパイス感のある料理が多いにもかかわらず、早い時間のランチは家族連れの地元日本人客が多く、さすが西葛西はインド料理リテラシーが高いなと実感。

    食事の後はGIISでヴィックゥ ヴィナーヤクラーム グループのすばらしいカルナーティック音楽公演を体感し濃密なタミルの1日となりました。

    lunch menu @ amudhasurabhilunch buffet @ amudhasurabhimandi, rasam, sambar @ amudhasurabhimeen kuzhambu @ amudhasurabhiprotta @ amudhasurabhipineapple kesari @ amudhasurabhiporiyal, rasam, sambar @ amudhasurabhimandi, meen kuzhambu @ amudhasurabhiporotta, keerai vada @ amudhasurabhipineapple kesari @ amudhasurabhivikku vinayakramvikku vinayakram

    south indian buffet lunch 1,200yen
    [mackerel fish curry / meen kuzhambu, veg mandi, cabbage poriyal, sambar, tomato rasam, japanese rice, parotta, keerai vada, green salad, pineapple kesari]
    (訪問:2016年4月)

    アムダスラビー
    東京都江戸川区西葛西5-1-5 B1F

    Amudhasurabhi -homestyle south indian dining-
    5 Chome-1-5 Nishikasai, Edogawa-ku, Tokyo, Japan

    関連記事
    コメント0件

    コメントするにはクリック(タップ)

    コメントをどうぞ

    非公開コメント

    (コメントは管理者の承認後表示されます)

    ofbம
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。