puja

maacher thala @ puja

町屋ベンガル料理プージャー、ここだけの味と居心地。

営業はディナーのみ、少し前までお店をお休みしていたということもあって久しぶりの訪問となったが、変わらぬ味わい(いや以前よりもおいしくなっているか)と佇まいに安堵。

やはり魚が食べたく頼んだフィッシュ ターラ。

精製バターの風味に、スモーキーさと甘さが感じられるシンプルでいて複雑なダル スープを一口すすると、プージャーに来たなと実感する味わい。

野菜料理 / niramish はじゃがいもと南瓜。ほっくりとした食べ心地にときに苦味のあるスパイスの風味、ここに瓜・胡瓜的な食感の野菜とフェンネルの爽やかさがあらわれるおもしろさ。
聞いてみるとポトル / potol というインドの小さい瓜(ヒンディーではパルワル / parwal)があったので入れてくれたとのこと。なるほど小メロン的な味わいに納得。

メインはマチェル トマト ジョール / スパイシー トマト フィッシュ グレイヴィ。
質のいいイサキにたまねぎ不使用にしてトマトの酸味旨みが混ざりあうスモーキーなスパイスオイルグレイヴィ。
身をほぐしてご飯にあわせてもよし、グレイヴィをそのまますくってもよしだが、いい炊き具合のバスモティライスにあわせかけるとまたご飯のすすむ魚と米の国の味。

食事の終わりにパポールと甘いチャトニで一息つき、デザートには乳製品の風味豊かなバスモティのパヤシュ(キール)。
最後にここにきたらのチャイは、まるでチーズを飲んでるような濃厚さで大満足。

pujapujapujaniramish, dal @ pujamaacher tomato jhaal @ pujadal @ pujamaacher tomato jhaal @ pujapapor, chutney @ pujakheer @ pujacha @ pujamenu @ pujamenu @ pujamenu @ pujapuja

maacher thala / fish thali 1,600yen
[maacher tomato jhaal / spicy tomato fish gravy, niramish / vegtables, dal, papor, chutney, basmoti rice, mishti(payesh)]
cha / milk tea 450yen
(訪問:2016年4月)

プージャー -ベンガル料理とカンタ刺繍-
東京都荒川区町屋3-2-1 ライオンズプラザ町屋 B1F

Puja -authentic bengali cuisine-
3 Chome-2-1 Machiya, Arakawa-ku, Tokyo-to, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம