indoryori kenkyukai

meals @ indoryori kenkyukai

相模原をベースに活動している主に南インドをテーマとした印度料理研究会
開催第8回のテーマはその南インド、そして食べる人にケララ出身インド人の方がいるということで、ケララの料理をミニ特集。

この日の作り手は5~6人で各自が1~4、5品を調理。前回参加時同様ほがらかな雰囲気で調理が進んでいた。

完成した料理はデザートまで入れて全17品。それぞれ個性が異なり丁寧さが伝わってくる味わい。

トマトベースのすっきりしたラサム、大根が具のほのかな酸味と豆の風味のサンバル、ココナッツの風味と魚のうまみがマッチしたマラバーリ フィッシュ、たしかノンスパイスで濃厚なマッシュルームのうまみがとけだしたスープ、ケララスタイルのドライなアヴィヤルは具の根菜類のひとつ紅芋の色素でほのかなピンク色、スモーキーな風味の効いたポーク マサラ、酸味もあったような気もするチキン クルマ、酸味とスモーキーなキーマにジャガイモの相性がいいキーマ ヴィンダルー、ケララの方は砂肝はじめてと言っていた食感が楽しい砂肝マサラ、アーンドラ風でも辛くはなくココナッツの効いたチャナ ダル、南インドのお米ソナ マスーリ、生姜とタマリンドのケララといえばの舐めものインジ プリ、比較的強い味の料理が多いとよけいに安心する蕪とほうれん草のクートゥ、野菜の食感担当の優秀なニンジンといんげんのポリヤル、パパド。

南インドといえば米とばかりに追加追加で盛ってみたが、豊富なおかず類にさらに米を足したりしたが、ソナマスーリの余計な香りのない軽い食感はいくらでも食べられる気がしてしまう。

食後のデザートは、ニンジンのギー甘露煮ガジャル カ ハルワ、スパイス水切りヨーグルトのシュリカンド。

カレー&スパイス伝道師 渡辺氏の生徒さんが多く参加されていることもあり、伝道師直系のサンバル・ラサムが食べられたり、インジプリづくりに情熱を燃やす方がいたりとおもしろく、ケララの方にもいろいろ話を聞くことができ、さらに今回はアジアハンターさんのミニバザールも特設されたりと盛りだくさんな内容でした。

indoryori kenkyukaimushroom soup, spinach and turnip kootu @ indoryori kenkyukaichicken gizzard masala @ indoryori kenkyukaifish malabari @ indoryori kenkyukaikeema vindaloo @ indoryori kenkyukaipork masala @ indoryori kenkyukaichicken kurma @ indoryori kenkyukaiindoryori kenkyukaiindoryori kenkyukaiindoryori kenkyukaiindoryori kenkyukaimenu @ indoryori kenkyukaimeals @ indoryori kenkyukaimeals @ indoryori kenkyukaimeals @ indoryori kenkyukaishrikand, gajar ka halva @ indoryori kenkyukaiindoryori kenkyukaiasia hunter @ indoryori kenkyukai

[Amazon.co.jpアソシエイト]

theme : south indian keralan food
sambar, rasam, fish malabari, avial, pork masala, keema vindaloo, chicken gizzard masala, chicken kurma, andhra chana dal masala, kootu, poriyal, mushroom soup, inji puli, papad, sona masoori rice, gajar ka halwa, shrikand

第8回 印度料理研究会 2016年2月28日 at 相模原市立大野北公民館

8th Indo-ryori Kenkyukai -indian food sagami- 28.2.2016 at Onokita Kominkan, Sagamihara-shi, Kanagawa-ken, Japan

関連記事
コメント0件

コメントするにはクリック(タップ)

コメントをどうぞ

非公開コメント

(コメントは管理者の承認後表示されます)

ofbம